Maruike日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 親として。(追記)

<<   作成日時 : 2006/08/24 12:37   >>

トラックバック 0 / コメント 9

昨晩、息子がとんでもないことをしたのですが、ちょっと書ける内容ではないので控えさせていただきますが、親として落ち込みました。(昨晩は、心配して帰ってきた旦那も、息子にきちんとお説教と仕出かした事への説明をキッチリと行い、バツとして息子には晩飯抜きを言い渡して寝かせました。)
 私も、昨晩はショックで晩御飯食べれませんでした。
旦那も食べる気分がうせていたようです。
 今朝、昨日残ったものを皆で食べましたが、まったくもって美味しくなかったです。
 今日何かお菓子とかつくろうかと考えていたけれど、気分が不安定なので辞めました。
その代わり、親として如何すべきか思いながら、だるまちゃんとてんぐちゃんより、親と子の接し方を考えてみようと挿絵を参考にこんな判子を作ってみました。
コレをみて、親と子のあり方を私も反省していかねばね。
画像


追記事項。

ここ数日、息子のすることが気になるし、ちょっとした息子の至らない点とかが、腹が立ってしまい、、親としてというよりも、息子を見る目が他人のような感じになってしまったことがあって、その時、自分でも、我ながらなんて最低な親なんだ!!と落ち込んでいました。
子供を信じられないとか、許せないという気持ちは、自分=親の事も信じていない、許せないという気持ちと同じなんだと思い、、息子と一緒に反省をしています。
今でも、トンでもないことをしたことはブログには書けませんが、息子と同じく問題を起こしてしまったお子さんが、昨晩、家族で、お侘びがてら、わざわざたずねて来てくださったことで少しだけですが気分が晴れたように思えます。
育児や子育てって、本当に難しいです。 (たずねて来てくださった友達の親御さんもそう言っておられました。)
このごろ、息子が大体のことは、出来るようになってきたので、下の娘にかかり切りになってしまい、息子のことが疎かになってしまいました。
(少し、放任主義になってしまったみたいです。)
本当に御免なさいね。
だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。新着から入りました。私も何とか皆さんを驚かせようとブログを作っています。うちにもどうぞお越しください。
msn1917
2006/08/24 13:31
きっとこんな風にして親も子も成長していくんですよ・・・。内容は分かりませんが、もっと大人になってからでは取り返しの付かない事もありますしね。元気出しましょう!!
みんと
2006/08/24 17:10
親業って、難しい。
子育てって、きれい事じゃないですよね。

今までの人生は悩みなんて悩みのうちに入らなかったのですが
子供を持った今は泣いたり笑ったり。
泣くほうが多いかも。
でも、時々笑えることで親業が成り立っています。

親にとっては、子供は宝物。
次は喜びを与えてくれるはず。
Olly
2006/08/24 19:56
育児って本当に難しいですね。うちの娘はまだ3歳になったばかりですが、私の実家に里帰りしてた間にかなり甘やかされてちょっとわがままになって、最近困ってます(^^;段々立派になってきてる証拠なのかもしれませんが…これからもっと、自我と自我のぶつかりあいなんでしょうね。
親は子供がどんなに大きくなったとしても、ずっと子供のすることに対して責任を負わなきゃならないな〜と思うので、大変な仕事ですよね。でも本当に、子供をもってから、人生を二重、三重に味わうようになれたかなと思います…
まだ私はひよっこ母なんで気の利いたことは言えませんが、陰ながら応援してますよ〜
のんのん
2006/08/25 01:01
子どもの成長と共に悩みが大きくなると良く母が私に言ってました。最近その言葉が見にしみています。どんな風に伝えたら子どもの心に私の言葉が届くのか。。。毎日本当に葛藤してます。
私が子のこの親である限り、親の責任。。。
解ってくれるだろうと信じて。。
もの凄く怒る日も有って良いと思います。
息子さんもこの日の事忘れないですよ。
#家の息子は、怒られても怒られても。。。
懲りない。情けなくて涙が出ることシバシバです。
怒った方も疲れることわかってほしいですよね。
マコロン
2006/08/25 11:26
みんとさん、ご心配をおかけいたしました。
気持ちが少しずつ晴れてきました。
今回のことは、息子に対しての私の親としての接し方への警鐘だと思い、肝に銘じようと思いました。
やってしまったことは小さいうちだからこそ、よかったのかも。大きくなってからでは本当に取り返しのつかないとことでした。
kamoko
2006/08/26 06:46
ollyさん、今回のことで、子育ってて、本当にきれいごとではないということが身に染みました。
その時、私、息子の前で怒って泣いてしまったんですよ。
我ながら、まだまだ未熟な親です。
息子へは、私と旦那がキッチリと叱り、反省をさせたのでもう二度としないと約束してくれました。
もう、身が縮む思いはしたくないです。
子育ては、出来れば泣くよりは笑ってすごす方がいいですからね。
ollyさん、心遣いありがとうございました。
 
kamoko
2006/08/26 06:52
のんのんさん、
温かいエールをありがとうございます。
今回の事で、改めて子を育てる事の難しさを感じました。 
私としては、下の娘にかかり切りになってしまったので、息子をちょっと放任しすぎたかなと反省をしてしまったのでした。
子供を育てることは、親元から独立するまでは、かなりの大仕事ですよね。
私も、育児は、まだまだ取っ掛かりをしている最中なので今回のことを肝に銘じながら、やっていこうと思っております。

kamoko
2006/08/26 07:02
マコロンさん、
マコロンさんのお母様が、言われた通り、子供が成長するにつれて、悩み=トラブルも大きくなるという、お言葉、今回私も深く身に染みました。
息子が、何でも一通りできるようになって、ちょっと放任してしまったのではないかと反省をしています。
今回は、私、息子を叱り、注意した後に不覚にも涙がポロポロと出てきて少し、号泣状態になってしまいまいました。
息子もその姿を見て、泣いていたようです。
子育て、この先、いろんなことで悩んだりすることがあるかも知れませんが、今回のこと教訓に、親子で、いい方向に進むように少しでも前に進んで行こうと思います。
マコロンさん、素敵なコメントありがとうございました。

kamoko
2006/08/26 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

レシピブログ

親として。(追記) Maruike日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる