Maruike日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福助のはんこ

<<   作成日時 : 2006/10/24 11:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4

お目出度いシリーズ判子ということで、今回は「福助」さんを彫りました。
某靴下メーカでも、トレードマークになっているのでご存知の方も多いかと思います。

福助さんに関することが書かれた本、昔姉から本を借りて読んだことがあります。
確か荒俣宏さんのご本だったと思います。

荒俣氏は今ではテレビのコメントキャスターで出演されて?いることが多くなりましたが、本来は、民俗学を専門にされているマルチな作家さん?です。
こういった民俗学的な本は、色々とさまざまな事柄が書かれていて、大変に面白かったです。
福助さん

今日は雨だったし、私もちょっと風邪を引いたため、外に出るのを控えて、この間子供らに評判が良かったパンを作りました。
10月2日の日記にてアップしました「しゅがーぼーるぱん」です。
作り方は、cookpadにて紹介されている人気の高いレシピです。
本当に簡単で、美味しいので皆さんも作ってみてくださいね。一押しです。

イメージとしてパン屋さんで、このパンが1個10円で売っているものを買って来たというのを
思い浮かべながら撮ってみました。

画像


福助さん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
門間みかさんのサイトを見ていて気づいたのですが、しゅがーぼーるぱんの生地って、水分量が少し違うだけで、ほとんどリッチ生地と同じです。ということは、みかさんのリッチパンもこんな感じというわけですね。おとといしゅがーぼーるを作った時、1個だけ砂糖をまぶさずにバターだけで食べてみました。おいしかったけど、母のパンの方がおいしく感じる。これは思い出は美しいからでしょうかね(笑)
にに
2006/10/24 22:14
福助さんの ほっぺみたいになりそうなくらい 美味しそうなパンですよね。
 ですが まだ 作ってません...。

 福助といえば なんだか 年末年始を思い出します。
働きだして 家族にお年賀として あたたかそうな下着やら 足袋やらに熨斗つけて 贈ってました。
 祖母には 福助印の カラー足袋や足袋ソックス等々。

 祖母は福助マークをみて「あら〜 いいもんだねぇ。」と。

 福々しいほっぺと 控えめな仕草で こころが ほっこり。

 それにしても 判子 ステキな物ばかり。

だいやもんどだすと
2006/10/26 02:00
ににさん、
みかさんの基本レシピは、単純明快にリーンなものとリッチなものの2通りです。
私もみかさんのレシピに、私流のアレンジ及び、時間なども時々変えたりしているので、必ずしも忠実にしていないのでした。(^^;;
 お母さんのレシピ、、それは材料と作り方だけじゃなくって、お母さん流のコツとか、温度調節、発酵時間なども、時と場合によって微妙に変えているかもしれませんよ。
この辺は、作り手のさじ加減なのかもしれません。
それと、家族への愛もパンに込めて焼き上げているので美味しさも倍増なのでしょうね。
ににさん、お母様が作れた時のことを思い出しながら、何度か作ってみれば、それに近いものが出来ると思いますよ。 
kamoko
2006/10/27 17:15
だいやもんどだすとさん、
パンをおやつ風に、直に食べたいという時にはスコブル優れもののスピードおやつだと思います。

福助は、またまた唐突に彫りたくなったので、色々と参考になりそうなものをネットで探して、あるところで販売していました置物をお手本に彫ってみました。
特に、今回はお辞儀をしている福助さんが、彫りながら気に入りました。
こういう、お目出度いものは、彫っていても心が癒されるのでいいですね。
また、お目出度いものを思い浮かべたら彫りますね。って、もう、判子を入れておくボックスが5個ほどありますが、溢れそうなのでまた買い足さなければと思っています。
 ますます、止まらなくなりそうです。(^^;;
(息子君にも呆れられているのでした。)
kamoko
2006/10/27 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

レシピブログ

福助のはんこ Maruike日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる