Maruike日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 喉風邪には。

<<   作成日時 : 2006/06/29 11:29   >>

トラックバック 0 / コメント 5

私は風邪をひくと必ずと言っていいほど、喉にきます。
日頃のうがいをしていても、なってしまったら、引き始には必ず葛根湯ドリンクを飲みます。
コレで大抵の風邪は、治まりますがそれでも、ダメな場合には喉の痛み専用のドリンクを飲みます。
本当でしたら、お医者さんに行って処方してもらえばいいかなと思うのですが、小さい娘連れだと中々行けないので自力で治すしかありませんからね。

我が家の常備薬はコレです。
「カネボウ桔梗湯内服液」
http://www.kanebo-ns.jp/product/01_kikyoutou_naifukueki.html

漢方は、顆粒状タイプも売られておりますが、効き目ということに関しては内服液を飲んだほうがよく効くような気がします。
 同じく、葛根湯も内服液がお勧めです。
こちらはさまざまなメーカから出ていますので、どれを飲んでも効果は同じです。(^^;;

カネボウ桔梗湯内服液は置いてある薬局は極めて少ないのですが、取り寄せをお願いすると常備してくれる所もありますので、風邪などで、喉風邪を引きやすい人にはお勧めの薬です。
 家のところでは、隣駅のくすりのヒグチで常に置いてあるので、旦那に頼んでいつも買ってきてもらっています。
 旦那にも、風邪を引いたときには葛根湯液を 喉が痛い時には桔梗湯液を勧めたところ、効果があったようです。(^^)

ただし、漢方薬も結構強いので人によっては効き目のないとか、症状が改善しない場合もあるかも知れませんので、もしも体調が悪くなったら服用は止めてくださいね。

でも、体調を崩して病院にいきたいと思ったら、気兼ねなく行ける様に今後 すべてのお医者さんや病院など(特に国立系の病院、並ぶのが予測される、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、歯医者などね。)に一時預かりの育児ルーム完備して欲しいと思っています。
無料じゃなくってもいいから作ってくれるとありがたいです。
そうすれば、どれだけ助かるお母さんが多いことかと思うのですが。 
(子連れで病院に通っている場合にもそうです。片方が体調が良くって、片方が悪い場合だと連れて行くほうが、大変ですから。)
私らの年金(今騒がれている税金の無駄遣いで作った設備投資をテレビで見たり、本などで読んだりしていると無性に腹が立ちます。)で無駄遣いをするんだったら、そういったものに目を向けて補助金を振り分けて欲しいのですが、無理かしら。)ーコレは日頃思っているボヤキでした。(__;;


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この一週間を風邪で無駄にした私。いたく共感いたしましたので、コメント書きます。
話は違いますけど、少子化はそういう誰にも預けられないという心配もあって、一人でもういいと思ってしまうのも理由のひとつだと思います。働く女性にも産んでもらえるようにといっても病気になったときの対応は手薄だと聞きます。お勤めしてない人でも夫にも親にも知り合いにも頼れない人から産みたくないというのもあるでしょう。
お金と保育所さえ準備すれば出生率が上がるわけではないですよね。病院をいう避けては通れない部分で対策をしてほしいと思ってます。
ちなみに私はずっと我慢して病院にいけませんでした。外耳炎で一度だけ、公園で知り合ったママにお願いしたことがあります。預けられたほうも何時間もかかって迷惑だったんじゃないかなと思います。
kamokoさんのページに愚痴を書かせてもらっちゃいました。
もったいないかあさん
URL
2006/07/01 07:32
病院のように、待ち時間のあるものは極力さけたています。(郵便局とかも腰が重い。)特に日本は予約をとっても何時間も待たされたりするので困りますね。私も、風邪じゃないんですが、指の糸が入ったまま週末を迎えてしまいました・・・
にに
2006/07/01 20:48
さけたています=避けています

北陸の方言です(嘘です)。失礼しました!
にに
2006/07/01 20:49
もったいないかあさん、
一週間も風邪で寝込まれたということは、かなり重症だったのではないですか?
お加減いかがでしょうか?
少子化の問題って、いつもこうして欲しいと思っていることを相手の立場に立って、実現していくことが重要なんですけれど、日本のお役人(すいません。一生懸命されている方もおられるとは思いますが。)のすることは、それを忘れているのか?ピントがズレテいるような感じが致します。
その時は公園友達ママさんも、事情がよく判っていたので快く引き受けてくれたんだと思いますよ。
私の日記に共感してくれてありがとうございました。
kamoko
2006/07/02 09:15
ににさん、
待ち時間のあるものは、病院であれ、郵便局、銀行などのものだと子連れだと辛いですよね。

日本は予防接種の時に思ったのですが、予約=直ぐに診るではないので、なんか変だなと思うこと度々あります。
うう〜、まだ糸がとれていないのですね。
大丈夫でしょうか?
(そういえば、ご家族、風邪でダウンでしたけ。
それで病院に行けなかったのでしょうか?)
家事をする上で、いろいろと支障がでてきて大変でしょうから、早く糸が取れて完治しますように。
kamoko
2006/07/02 09:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

レシピブログ

喉風邪には。 Maruike日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる